kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

個人ばく露モニタリング:評価〔最大許容濃度〕

短時間のばく露で発現する刺激等の生体影響がある有害物質取り扱い作業者の体外ばく露濃度の測定結果は、日本産業衛生学会が勧告している最大許容濃度あるいは米国産業衛生専門家会議(ACGIH)が提言しているばく露限界値(TLV)の上限値(C)により評価します。

日本産業衛生学会が勧告している最大許容濃度の定義を示しました。なお、許容濃度等を用いて評価する場合は、許容濃度等の性格および利用上の注意などを充分に理解したうえで行う必要があります。

no121

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ