kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

個人ばく露モニタリング:作業環境測定の補完

作業環境中の有害物の管理方法として、気中濃度を管理する方法(作業環境測定)とばく露濃度を管理する二つの方法があり、日本では行政的な判断で作業環境測定が採用されています。

作業環境測定は、作業環境の改善を介して有害物質取扱者の健康障害の予防に大きく貢献していますが、作業環境測定結果と特殊健康診断結果との乖離が問題視される場合があります。

作業環境測定を特殊健康診断などで個人ばく露の情報として利用する場合は、示す作業環境測定の特性と留意点を考慮し、状況によっては作業環境測定を補完するための個人ばく露モニタリング等の測定を実施する必要があります。

no126

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ