kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

衛生診断:鋳物工場等〔新規じん肺発症〕

当社の労働衛生コンサルタントが、新たにじん肺の有所見者が発生した4事業所について、労働災害特別安全衛生診断事業の衛生診断を行なったところ、新規じん肺有所見者の作業場でのB測(最も高濃度となると思われる作業位置での測定)の最近5回の結果は、第1管理区分が8割を占めていました。

上記4事業所での作業環境測定の特性から考えられる、作業環境測定結果が「第1管理区分」でのじん肺発症の要因について、示しました。じん肺などの職業性疾病を予防するには、作業環境測定だけでは不十分であり、個人ばく露モニタリングなどにより、作業環境測定を補完する必要があります。

no128

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ