kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

職場環境と生活環境の規制の違いについて

テレビ、新聞などを見ていると、職場では従業員が微量汚染曝露を受けてもほとんど問題にならない物質についても、一方で同じ物質が生活環境において検出されたとなると、マスコミは大きく報道します。(例えば、発ガン性物質検出される!)

また、公害関係になると規制基準を超えた場合、操業停止にされたりすることがあるというふうに聞いています。このように職場環境と生活環境では、規制について大きい差があるように思いますがなぜでしょうか。

no18

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ