kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

調査事例:過重労働〔休養不十分⇒食欲不振〕

残業時間が長くなると睡眠時間に影響を及ぼし、睡眠による休養が不十分とな)ります。睡眠による休養感と自覚症状〔食用不振〕の訴え率との関係を某施設での健康診断の受診者について調査した結果を示しました。

男女、各年代とも睡眠による休養が不十分な受診者では十分な受診者よりも自覚症状〔食欲不振〕を訴える割合が有意に高くなっています。

残業時間が長くなり、睡眠による休養が不十分となると、身体の疲労感だけではなく食欲不振などの自覚症状の訴え率が増加します。

no192

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ