kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

安全配慮義務:リスクに基づく自主的化学物質管理

労働現場で約7万種類の化学物質が使用されている中で、労働安全衛生法の特別規則(有機則、特化則、鉛則)で作業環境、作業、健康管理などが義務付けられている化学物質は121物質にしか過ぎません。化学物質による労働災害を防止するには、特別規則による管理のみでは不十分であり、化学物質の危険有害性情報の把握とリスクに基づく自主的な化学物質の管理が必要です。

no234

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ