kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

母性保護規定:対象物質と規制濃度

母性保護規定の対象とする有害物は、現行の女性労働基準規則の対象である9物質又は労働安全衛生法令に基づく局所排気装置等の設置、作業環境測定の実施等が義務付けられ、管理濃度が設定されている87物質のうち、厚生労働省のGHS分類により生殖毒性又は生殖細胞変異原性が区分1又は授乳影響ありに該当する25物質が提案されています。

no240

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ