kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

鉛フリーハンダは『有害』

ハンダ付け作業時、ハンダの成分は金属蒸気、金属酸化物、ヒュームとして環境気中へ発散します。

主要鉛フリーハンダ成分の日本産業衛生学会の許容濃度(2010)およびACGIHの許容濃度(2010)を、鉛と対比し示しました。なお、主要鉛フリーハンダの組成を示しました。

鉛フリーハンダについてもハンダ成分の発散状況によっては、作業環境の汚染やハンダ付け作業者の健康に及ぼす影響が懸念され、労働衛生上、鉛ハンダと同様の管理が必要です。

no29

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ