kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

騒音レベル30dB低減は『99.9%遮音』

防音保護具により、騒音レベルを10dB低減するには90%遮音、騒音レベルを20dB低減するには99%遮音、30dB低減するには99.9%遮音する必要があります。

騒音レベルと必要遮音率の関係を示しました。耳孔の形状と大きさは個人差が大きく、耳栓は耳孔に隙間なく装着できるものを選ぶことが大切です。

隙間が生じ、音が1割以上漏れれば10dBを超える遮音はできなくなります。

no35

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ