kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

尿中代謝物等検査値『尿の濃淡で数倍異なる』

尿中馬尿酸などの代謝物等の検査値は、たとえ代謝物等の尿中への時間あたりの排泄量が同じであっても、尿の濃淡によって値が異なります。

法令上(有機則、鉛則)『尿の排泄量が極端に多いか、または少ない尿を用いることは、検査結果に影響を与えるので、適切な水分摂取について指導することが必要である』と尿量についての注意が通達で示されています。

しかしながら、この通達の実行は現実的には難しく、尿の濃淡によって検査値が異なる状況となっています。

尿は、水分の摂取が多いと薄く、発汗が多く水分の摂取が少ないと濃くなります。この尿の濃淡に伴い、尿中の代謝物等が希釈されたり、濃縮されたりします。この尿の濃淡によって、尿中の代謝物等の検査値は数倍異なります。

当社での検討結果に基づく、尿中代謝物等検査値の尿の濃淡の補正法を示しました。

no49

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ