kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

生物学的モニタリング:保護具使用の効果確認

生物学的モニタリングは体内のばく露量を把握できるため、対外のばく露量を把握できる個人ばく露モニタリングと組み合わせることにより、呼吸用保護具の使用効果を確認することができます。

また、生物学的モニタリングは、個人ばく露モニタリング、作業環境測定では把握できない皮膚から吸収される有機溶剤等の体内のばく露量を把握することができるため、不浸透性保護手袋の使用効果を確認することができます。

no89

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ