kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

作業環境測定:第1管理区分の解釈と測定士の心掛け

第1管理区分は、作業環境測定結果の評価と事後措置では、『当該作業場のほとんど(95%以上)の場所で気中有害物質の濃度が管理濃度を超えない状態』であり『現在の作業環境の継続的維持に努める』ことが示されています。

一方、作業環境測定結果の評価が第1管理区分の作業場でも、当該物質による職業性疾病が発生しています。

作業環境管理が進展した現在、作業環境測定士は第1管理区分を下記のように解釈し、当該物質による職業性疾病の予防に努める必要があります。

no118

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ