kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

防音保護具使用上の留意点は

私は金属製品を製造している事業所の衛生管理者です。騒音の管理区分が『2』あるいは『3』の職場が多く、100dB(A)を超える騒音が発生している職場があります。また、聴力の有所見者も多く出ています。

騒音レベルを低減することは、現実的には難しいため、耳栓などの防音保護具を使用することにより、騒音による聴力障害を防止する必要があります。

つきましては、防音保護具使用上の留意点について教えていただけないでしょうか。

no15

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ