kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

作業環境測定法の目的等を踏まえた現実的なデザイン

測定の義務付けがある特定粉じん作業と義務付けがない粉じん作業が混在する作業場、有機溶剤業務が混在する作業場、少量・多品種の測定対象物質を取り扱う試験研究業務の作業場等での作業環境測定時、特別規則(粉じん則、有機則、特化則など)、告示(作業環境測定基準、作業環境評価基準)等に基づくデザインが困難な場合が多々あります。

このような場合、作業環境測定法の目的「適正な作業環境を確保し、もって職場における労働者の健康を保持すること」、作業環境測定におけるデザインの解釈例規「測定対象作業場の作業環境の実態を明らかにするために、当該作業場の諸条件に即した測定計画を立てること」を踏まえた現実的なデザインを行うことが望まれます。

no264

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ