kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

作業環境測定における現実的なデザインの3要素

作業環境測定におけるデザインは、特別規則(粉じん則、有機則、特化則など)、告示(作業環境測定基準、作業環境評価基準)等に基づき行う必要があります。一方で、デザインは経費(測定料金)面からの制約を受けることがあります。また、管理区分に基づく措置とともに、各測定点での結果からの情報に基づき対策についてコメント(アドバイス)することがあります。

このような状況を踏まえた日常的な作業環境測定における現実的なデザインの3要素を示しました。いかに〔客観性〕があり、かつ、必要な〔情報〕が〔効率〕よく得られるデザインを行うかは、測定士として苦慮するところであり、腕の見せどころでもあります。

no265

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ