kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

発汗による体の冷却効果と熱中症

暑さや労働・運動により体温が上昇すると、汗の蒸発による気化熱で熱を逃すことなどにより体温を下げますが、発汗により体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、循環機能や体温調節機能などが破綻すると熱中症になります。
発汗による冷却効果について、乾球温度(気温)と湿球温度(皮膚の汗が蒸発するときに感じる涼しさの度合い)の関係から類推しました。

no272

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ