kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

体調不良や不摂生による熱中症リスクの増加

風邪・発熱の解熱時の発汗、下痢・嘔吐時の水分の喪失、飲酒・二日酔い時の水分の使用と排泄、朝食抜き時の水分の摂取不足では、体温調節のための水分が不足しやすく、下痢・嘔吐、朝食抜きでは水分とともに塩分も不足しやすいことに注意が必要です。
体調不良や不摂生による熱中症リスクの増加について、表にまとめました。

no271

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ