kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

持病による熱中症リスクの増加

糖尿病、利尿剤を服用している高血圧症・心臓病などでは発汗用の水分が不足しやすく、利尿剤の服用では尿とともに塩分(ナトリウム)が排泄されるため塩分が不足しやすく、また、慢性腎不全でも水分・塩分が不足しやすいことに注意が必要です。
そこで、持病による熱中症リスクの増加について、表にまとめました。

no270

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ