kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

喫煙室も空気環境基準の対象か

職場における喫煙対策のためのガイドラインにおいて、喫煙室等の内部についても、喫煙者の受動喫煙を軽減する必要性から、職場の空気環境基準の対象とされています。喫煙対策の評価対象と環境基準を示しました。

一般には、換気扇が設置された喫煙室等により空間分煙を行なっていますが、非喫煙場所と比べて環境基準を満たしにくい喫煙室等についても、対策を講ずることによって、できるだけ浮遊粉じん濃度等を低減することが望まれます。

no39

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ