kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

防音保護具の遮音効果『周波数で大きく異なる』

防音保護具には、第1種の耳栓(低音から高音までを遮音する耳栓)、第2種の耳栓(主として高音を遮音するが、会話域程度の低音を比較的通す耳栓)、イヤーマフ(耳覆い)などがあります。

一方、騒音職場では、様々な音が発生しています。各種防音保護具の周波数別遮音値(平均値)を示しました。

防音保護具は、騒音の発生状況(騒音レベル、周波数分布)に基づき、作業者にあった適切なものを選ぶ必要があります。

no55

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ