kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

尿中馬尿酸の健康効果

尿中馬尿酸の健康効果が、最近注目されています。

健康食品として販売されているクランベリー、またキウイフルーツ中にはキナ酸が多く含まれています。

このキナ酸は肝臓で代謝され安息香酸を経て馬尿酸として尿中に排泄されます。

この馬尿酸が尿のPHを正常化し、感染菌の増殖を抑制すると考えられています。一方、この馬尿酸はトルエンの代謝産物(健診項目)でもあり、上記の食品の健診前(トルエン取り扱い者)の摂取は避けなければなりません。このキナ酸を多く含む食品の摂取によっても、尿中馬尿酸の分布区分が「2」あるいは「3」となることがあります。

no56

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ