kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

有害物質の基準値が評価の対象によって異なる理由は?

同一有害物質、例えば、トルエンでは、労働環境での許容濃度は50ppm、室内環境での濃度指針値は0.07ppm、生活環境での悪臭の規制基準値(敷地境界)は10ppmと大きく異なっています。

なぜ、このように評価の対象によって基準値が異なるのでしょうか?

no66

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ