kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

改正大気汚染防止法によるVOC排出抑制制度

浮遊粒子状物質(SPM)や光化学オキシダントの原因物質である揮発性有機化合物(VOC)の排出を抑制するため、平成16年5月に大気汚染防止法が改正されました。

これにより、法規制と自主的取り組みのベスト・ミックスを基本としつつ、法規制については平成18年4月1日より、①揮発性有機化合物排出施設の都道府県知事への届出、②排出口からの排出濃度基準の遵守、③排出濃度の測定が義務付けられています。

no68

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ