kes労働衛生レポート kes労働衛生レポート

尿中馬尿酸:総合感冒薬等〔安息香酸ナトリウム〕の摂取

総合感冒薬等に配合されている安息香酸ナトリウムは、体内で代謝され馬尿酸となって尿中に排泄されます。

総合感冒薬などには、ねむけ、倦怠感、利尿、頭痛などに効能・効果のあるカフェイン系製剤(日本薬局方安息香酸ナトリウムカフェイン)が配合されているものがあります。

なお、効能・効果は主にカフェインによるもので、安息香酸ナトリウムはカフェインの溶解補助剤として使用されています。総合感冒薬などに配合されている安息香酸ナトリウムを摂取した場合、代謝され尿中に馬尿酸として排泄されるため、トルエンのばく露がない作業者でも、その摂取量と尿検体採取のタイミングなどによっては尿中馬尿酸の分布区分が『2』或いは『3』となることがあります。

no84

キーワードから探す

カテゴリーから探す

ナンバリングから探す

close

お問い合わせ

TEL.077-511-2401 お問い合わせ